事務所ニュース「いずみ」
HOME > お知らせ・更新情報 > 関連性の中に

事務所ニュース いずみ第26号(2009/8/1発行)

「ブッダパーク」 大村圭子さん 撮影

「ブッダパーク」 大村圭子さん 撮影

関連性の中に

 アリストテレスは、「善」とは、それぞれのピュシス(=本来あるべき自己固有の本質、自然、実体)を実現すること、すなわち自己の本質に従って自己開花を行うことにあるとしました。例えば、花は、本来の色と形で目いっぱいに咲くことがその花のピュシスです。また、人間は、共同体的動物である以上、隣人と交わり互いにその存在を肯定し合い、共同体のつながりの中に自分の存在根拠を据えることが真の充足となるとしています。すなわち、人間のピュシスとは、自己の自然(=本性)に基づいて、自分の置かれた状況(共同体)の中で、あるべき自己の姿を開花させることです。
 私たちは、このように互いに関連し合って自己実現しており、互いの関連性に歪みが生じたときには、自己の根底を揺るがすことにもつながります。そして、このような共同体における関連性の歪みを回復するための手助けをし、皆様の本質的な自己実現のお手伝いすることが私たち法律家の本質(ピュシス)ではないかと考えております。
 これからも、私たちと関係をもっていただいた皆様一人一人の本質的な自己開花をお手伝いできるよう、所員一同力を尽くしていく所存です。

2009年8月 あべの総合法律事務所

弁護士 蒲田豊彦  事務局長  春名 敬志
弁護士 岩城 穣  事務局次長 根木原知子
弁護士 上出恭子  事務局   酒井 秀和
弁護士 中森俊久  事務局   井上奈津子
弁護士 長瀬信明  事務局   古橋 督大
弁護士 立野嘉英  事務局   角谷 千晶
弁護士 瓦井剛司  事務局   大谷ちひろ
         事務局   山口 愛 

事務所ニュース いずみ第26号(2009/8/1発行)の他の記事

ページの先頭へ戻る