弁護士 和田 香の部屋

2019年01月

お骨を持ち歩いています

2019/01/01 00:00:52

 先日、大学院のときからずっと一緒にいる犬の小梅が14歳と半年で他界しました。まだまだ一緒にいることができると思っていたので、未だに信じられない気持ちです。
 食事のときも机の下からおねだりする小梅がいる気がするし、ふと名前を呼んでしまうこともあります。
 食いしん坊の犬で、私の食べ物は犬が食べてはいけない物以外一通り味見し、一時は獣医さんにダイエットを勧められたくらいでしたが、死んだときには、痩せて、とても軽くなっていました。
 食べられるときに、食べたい物を食べとかないかんな、と少々太りすぎの猫のうららが餌皿の前でおやつ袋に熱視線を向けているような気がして、猫は糖尿病になりやすい、と気を引き締めています。

ページの先頭へ戻る