弁護士 和田 香の部屋

2016年01月

ボール遊び

2016/01/01 00:00:32

 毎回犬猫の話ばかり書くので顰蹙をかっておりますが、それ以外に書いて心休まる話題がないので、今回も犬の小梅についてご紹介致します。

 さて、小梅ですが11歳となり、歩き方にも初老の兆しが出てくるようになりました。愛想満点、いい加減、食べ物の切れ目が縁の切れ目の大きすぎる小型犬ですが、それでも私が帰宅する頃になれば、暑かろうが寒かろうが毎日玄関先にスフィンクスのように座って待っている律儀なパピヨンです。そして、帰宅後は0歳のときからのお気に入りのボールを咥えてきて、遊んでやろうとボールの取り合いゲームのお誘いです。

 ボールを奪い合うという、本気でやっても小梅が勝つ、躾の観点から最高に間違った遊びをしながら、小梅が牛若丸のように布団の上を飛び回る時間が長く続くようにと願う、鈍な弁慶の私です。

ページの先頭へ戻る