弁護士 和田 香の部屋

2011年08月

隣のみーちゃん

2011/08/25 10:11:44

我が家のお隣は、三毛猫みーちゃんの1人住まいである。従前、そこには狸の一家が住んでいたが、いつの間にか引っ越してしまい、今ではみーちゃんがかれこれ半年ほど家を構えている。

 家を構えるというと大袈裟に聞こえるかもしれないが、実際、みーちゃんには立派な家がある。

 かつて人の住居だった大きな空き家とは別に、みーちゃん専用の段ボール製の家が道行く誰かによって設置され、その後、これまた誰かによって段ボール邸に防水シートが貼られ、毛布が敷かれた。

 段ボール邸は、住宅街の道路に面しているので、みーちゃんは子ども達のアイドルである。それだけではない。早朝、通勤途中のお姉さんがみーちゃんに朝食を運び、昼前には初老のご夫婦が昼食とペットボトルの水を持参する。そうかと思えば深夜、若い女性が夜食を運んでいる。

 愛想のいいみーちゃん。機嫌がいいと私にも挨拶をする。にゃ。みーちゃんにニヤニヤ近づこうとしては、背後にうららの冷たい視線を感じて断念する。

  

ページの先頭へ戻る