弁護士紹介
HOME > 弁護士紹介 > 蒲田 豊彦

蒲田 豊彦(かまた とよひこ)

主な経歴
◇ 1941(昭和16)年 京都府生まれ
◇ 京都府立峰山高校、立命館大学法学部卒
◇ 1972(昭和47)年4月 弁護士登録(第24期)
◇ 大阪弁護士会交通事故委員会委員長,民主法律協会事務局長を歴任
◇ 元民主法律協会副幹事長
他の弁護士からの紹介
 心配りがきめ細かく,はにかみ笑顔が可愛らしい蒲田所長。大きな視野から物事を捉えるその柔軟な思考力に,いつも感心させられます。交通事故,労働事件,環境問題等様々な事件を手がけています。
 また,古典,俳句,能,囲碁,山登り,旅行,ゴルフ,グルメ・・・その趣味の多さも,群を抜いています。側にいて話を聞いているだけで,文化人に一歩近づけたような気になるから不思議です。当事務所は,「気さくで温かみのある法律事務所」をコンセプトのひとつとしていますが,蒲田所長は,そのコンセプトにぴったりの当事務所のまさしく「顔」です。
 (紹介/弁護士 中森俊久)
本人からのひとこと
 「社会的弱者にもっと法律の光を」をモットーに弁護士になりました。弁護士として活動していると,いかにみなさんが様々な法律問題で悩んでおられるかを目のあたりにします。
 個別の事件を迅速・適切に解決していくとともに,もっと,どうすれば政治や社会がよくなるかを考えていかなければならないと思います。
 不正義を許さないためにがんばっていきたいと思っています。
趣味
古典を読むこと
音楽を聴くこと
能を観ること
俳句を詠むこと

事務所ニュースいずみ

  • オアシス
  • 弁護士活動日誌
  • 関与した主な事件
  • 憲法再発見
  • 寄稿 所外の方々からのご寄稿
  • 古典をたずねて
  • 人物往来

ページの先頭へ戻る