お知らせ・更新情報
HOME > お知らせ・更新情報 > 明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます

 昨今、自衛隊憲法明記案が世間を賑わしている。自衛隊の災害救助活動などに共鳴する者や、集団的自衛権の発動による海外派遣を肯定する人のなかには、これに賛成する人も少なくないであろう。しかし、私は反対である。
 世界有数の武装装置を有する自衛隊が憲法9条2項に違反していることはその文言からして明らかである。それゆえ3項に「自衛隊は憲法に違反しない存在である」とするのは自己矛盾であり、論理を重んずる法律や憲法の領域で、追加条項に牴触する元の条文を廃止することなしに、自衛隊明記だけを追加するのは、「まやかし」以外のなにものでもない。それをあえて3項追加にこだわるのは、「自衛隊明記」が通りさえすれば、後法優先の法理を持ち出して、戦力不保持条項を闇に葬り去ろうとする魂胆にほかならない。
 私のような原理主義的護憲といってよい立場に対しては、その立場であれば当然自衛隊と安保を廃棄せよと叫ばなければならないのに、専守防衛の範囲なら許されるとして自衛隊を容認しているのは「欺瞞」にほかならないと厳しく非難する学者がいる。
 しかし、われわれは、現状の自衛隊を積極的に決して容認したのではなく、できれば裁判所に訴えてその違憲性を認めてほしいのであるが、事件性の要件という障壁を前にして、切歯扼腕しているのである。  事態はきわめて厳しいが、ことし一年なんとか踏みとどまり、憲法がないがしろにされないよう監視していきたい。

弁護士 森野 俊彦

事務所ニュースいずみ

  • オアシス
  • 弁護士活動日誌
  • 関与した主な事件
  • 憲法再発見
  • 寄稿 所外の方々からのご寄稿
  • 古典をたずねて
  • 人物往来

ページの先頭へ戻る