事務所ニュース「いずみ」
HOME > お知らせ・更新情報 > 暑中お見舞い 申し上げます

事務所ニュース いずみ第42号(2017/8/1)

暑中お見舞い 申し上げます

 今年に入り、担当させていただいた過労死事案4件が無事解決しました(前号のいずみ41号でご報告をしましたアルバイト従業員の過労死事案も高等裁判所で和解により解決をしました)。その一方で、この数ヶ月の間に6件の過労死・過労自殺・過労疾病事案の相談をお聞きしました。
 2014年に過労死等防止対策推進法が制定されたにも拘わらず、過労死問題の根本的な解決が進んだとは到底感じられない中、政府は残業時間の上限を過労死ラインである「100時間」未満とする労働基準法改悪を敢行しようとしています。これは、働き過ぎで心身に支障が出るような働かせ方を合法化するものに他なりません。  これを阻止するには、私たちに何が出来るのか。少し前に偶然手にした、絵本「大きなかぶ」では、最後の最後にねずみが加わったことで大きなかぶを引っこ抜くことが出来ました。微力に過ぎない力が突破口となり得ることを示唆する話だと思います。
 向かう相手が巨大でも、あきらめず、過労死を是認する悪法の制定を防ぐために、小さな力であっても集結をして出来ること一つ一つ、取り組まねばと思っております。 みなさまもどうかお力添え下さい。

 このたびの九州北部豪雨災害において、被害を受けられた地域の皆様、関係の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

2017年8月 あべの総合法律事務所

弁護士 蒲田豊彦 弁護士 上出恭子
弁護士 中森俊久 弁護士 和田 香
         客員弁護士 森野俊彦

事務所ニュース いずみ第42号(2017/8/1)の他の記事

ページの先頭へ戻る