事務所ニュース「いずみ」
HOME > お知らせ・更新情報 > 暑中お見舞い申し上げます

事務所ニュース いずみ第17号(2004/8/1発行)

中之島の初夏「風わたる並木路」 弁護士 野仲厚治さん 撮影

中之島の初夏「風わたる並木路」 弁護士 野仲厚治さん 撮影

暑中お見舞い申し上げます

 昨年11月の衆院選に続き、今回の参院選でも「二大政党化」が強まり、護憲を訴える政党の議席が激減しました。大義のない自衛隊のイラク駐留も長引く中、ここ数年のうちに、憲法改正の動きが急速に具体化することが予想されます。
 6月10日、井上ひさし、大江健三郎、小田実さんたち9氏の呼びかけで「九条の会」が結成され、各地・各分野で静かに広がりつつあります。
 多様な「民意」が反映しにくい選挙制度だからこそ、多くの国民が一致点で手をつなぎ、世論を広げ、政府の暴走に歯止めをかけていくことが求められています。
 

【憲法第九条】
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

悲惨な敗戦から59回目の夏、改めて憲法第9条に込められたものを考えてみたいと思います。
 今年の夏は猛暑と伝えられています。  皆さま、どうかご自愛下さい。

2004年8月 あべの総合法律事務所

弁護士 蒲田豊彦  事務局長  酒井 秀和
弁護士 岩城 穣  事務局次長 根木原知子
弁護士 上出恭子  事務局   阪田裕美子
弁護士 佐藤真奈美 事務局   藤井 結子
弁護士 中森俊久  事務局   浅田 静香
         事務局   杉山 勇樹
         事務局   町田 由美

事務所ニュース いずみ第17号(2004/8/1発行)の他の記事

ページの先頭へ戻る