事務所ニュース「いずみ」
HOME > お知らせ・更新情報 > 暑中お見舞い申し上げます

事務所ニュース いずみ第15号(2003/7/20発行)

「夕映えの湖北」 中村恒夫さん 撮影

「夕映えの湖北」 中村恒夫さん 撮影

暑中お見舞い申し上げます

 皆さまお元気でお過ごしでしょうか。
 ついにアメリカは、自分の気に入らないイラクを侵略して、フセイン政権を転覆してしまいました。口実に使われた「大量化学兵器」は未だ発見されていません。おびただしい市民、子どもたち、兵士たちの血が流れました。ブッシュ大統領に、「できる限り少ない犠牲で、目的を達成することを望みます」とエールを送った小泉首相。自分の子どもや孫がイラクにいても、彼は同じ言葉を言えるのでしょうか。
 ブッシュの論理でいけば、次のターゲットが北朝鮮でないとは誰が言えるでしょうか。
 その場合、米軍は日本の在日米軍基地から出動していくのです。 それに合わせるようにして、日本が「武力攻撃事態」に入った場合の国民総動員を定める「有事関連法」を、与党と民主党が成立させてしまいました。
 そして「教育基本法」を改変して、国民に「愛国心」を教育しようとしています。
 いったい、この国は、どこに向かおうとしているのでしょうか。
 私たち一人ひとりは「無力」ではなく「微力」に過ぎない、声を合わせればこんな日本を変えられる──そんな気持ちだけは持ち続けたいと思います。
 猛暑が続きますが、皆さまご自愛下さい。

2003年7月 あべの総合法律事務所

弁護士 蒲田豊彦  事務局長  酒井 秀和
弁護士 岩城 穣  事務局次長 根木原知子
弁護士 上出恭子  事務局   阪田裕美子
弁護士 佐藤真奈美 事務局   藤井 結子
弁護士 中森俊久  事務局   浅田 静香
         事務局   杉山 勇樹

事務所ニュース いずみ第15号(2003/7/20発行)の他の記事

ページの先頭へ戻る