事務所ニュース「いずみ」
HOME > お知らせ・更新情報 > 不来方のお城のあとの草に寝て 空に吸われし一五のこころ(石川啄木)

事務所ニュース いずみ第13号(2002/6/1発行)

「ハイデルベルクの風景」 久津間慶二さん撮影

「ハイデルベルクの風景」 久津間慶二さん撮影

不来方のお城のあとの草に寝て 空に吸われし一五のこころ(石川啄木)

 新緑の美しい季節となりましたが、皆さま、お元気にお過ごしでしょうか。
 この季節になると時折、啄木のこの句が頭に浮かびます。 啄木の一五のこころには、どのような夢や、希望、そして志があったのでしょうか。 このところの経済・政治に関するニュースからは、夢も希望も、そして国や社会のリーダーに不可欠な志も全くといってよいほど窺えず、暗澹たる思いにかられます。
 そのような時世ではありますが、自然も息を吹き返す新たな季節、私たち所員一同は、原点に立ち返って、皆さまのお役に立てる取り組みを一つ一つ進めて参りたいと思っております。どうか、よろしくお願いいたします。

2002年6月 あべの総合法律事務所

弁護士 蒲田豊彦  事務局長  酒井 秀和
弁護士 岩城 穣  事務局次長 根木原知子
弁護士 上出恭子  事務局   阪田裕美子
         事務局   藤井 結子

事務所ニュース いずみ第13号(2002/6/1発行)の他の記事

ページの先頭へ戻る