弁護士 中森俊久の部屋

2015年01月

地下鉄の工事

2015/01/22 06:22:48

近所の新築家屋の建築工事はどんどん進み、あっという間に頑丈そうな家が建った。その一方、近所の交番の建て替え工事は、なぜだか時間を要している。同じように、地下鉄のエスカレーターやトイレの工事なども、「何でこんなに時間がかかるのだろう。」と疑問に思うことがある。工事時間の制約等の事情があるのだろうが、大阪市交通局の相次ぐ不祥事の発覚のニュースを耳にすると、「業者と何らか癒着があるのでは・・・?」と邪推をしてしまう。この点、民間は営利目的の利益優先ゆえ、工期が早いだけに過ぎず、交番や地下鉄の工事の方こそ普通であるとのお叱りを頂戴するかもしれない。なるほどそうなのかもしれないし、そもそも、それ程気にするような話ではないのかもしれない。しかしながら、淀屋橋駅のエスカレーターやトイレをよく利用する私にとっては、その工事の進捗が気になって仕方がないのである。自分の利害と関係するそんな小さな話ではなく、より大きな視点から社会を見なければならないと反省する今日この頃である。

ページの先頭へ戻る