弁護士 中森俊久の部屋

2013年06月

劇団きづがわ創立50周年記念公演№2(第66回公演)

2013/06/10 15:37:02

 今回は劇団きづがわの舞台をご紹介します。
世界のダイキンに挑む仲間たちの姿を通して
「非正規」問題の核心を衝くヒューマンドラマです。
毎回考え、感動させられる劇団きづがわの舞台、
ご都合つく方、是非ご覧いただけたらと思います。

とき 6月21日(金)午後6時45分~
    6月22日(土)午後2時~、午後6時~
ところ クレオ大阪西ホール(JR環状線&阪神/西九条駅下車3分)
入場料 前売り一般3,000円
      学障シニア(65才以上)&ペア(夫婦・恋人)2,500円
      団体割引10人以上2,500円
     (当日券はいずれも500円アップ)

問い合わせ先 劇団きづがわ(06-6551-3481、090-7359-7335)

内容:ダイキン工業の堺製作所で、2010年8月末、203名の「有期間社員」が
「雇い止め」となった。ところが、その一方で、ダイキン工業は、240名の新たな
有期間社員を雇い入れた。何故、そんな必要があるのか?何故、自分たちは「雇い止め」

(クビ)にならなければならないのか?彼らはいずれも、5年、10年、15年と、「偽装請負・
違法派遣」のもと、「支援従業員」と呼ばれダイキンで働き続け、その後、2年半前からは直接
雇用され、「有期間社員」となり働いてきた・・・・・・。やがて、その疑問が解き明かされ、

彼らは裁判闘争を決意する。世界のダイキンに、たった4人で立ち向かうのである。
このドラマは、その4人の仲間たちと、彼らを励まし、支え合う人々のものがたりである。
 

ページの先頭へ戻る