弁護士 中森俊久の部屋

2013年03月

司法研修所卒10周年

2013/03/11 10:46:56

司法研修所を卒業してから丸10年が経過した。司法研修所とは、司法試験合格後、実務を勉強するために、弁護士・検察官・裁判官の卵が入所する機関である。昨年の9月には、卒後10年の節目に開催される「司法研修所第55期10周年記念大会」が熱海で開催され、各地から同期が集まった。久しぶりの同期との再会に、学生時代に戻ったかのような懐かしい気持ちになり、また、各人の職場での活躍ぶりに多くの刺激を受けた。

 私の時代の司法研修(期間は1年半)は、3か月の司法研修所(埼玉県和光市)での前記修習の後に、1年間全国各地に配転され、裁判所・検察庁・法律事務所での実務修習を経て再び研修所に集まり、3か月の後期修習を受けるという内容であった。私の配属先は和歌山で、同じく和歌山に配属された同期は私を含めて8人であった。研修所のクラスのメンバーや和歌山でのメンバーと共に学んだ経験は、とても貴重であり、今でも大きな支えとなっている。10年目の節目に同期と再会できたことを嬉しく思うとともに、感謝の気持ちを忘れずに、今後も頑張れたらと思う。

 

 

ページの先頭へ戻る