弁護士 中森俊久の部屋

2013年01月

大阪弁護士会 シンポジウム「外国人学校ってどんなとこ?」 ~すべての子どもたちに学習権の保障を~

2013/01/10 15:10:19

日本には、200万人以上の外国人が生活しており、数多くの外国人学校があります。
朝鮮学校、韓国学校、中華学校、ブラジル学校、ペルー学校、インド学校、インドネシア学校、インターナショナル・スクールなど様々な学校で、多くの子どもたちが学んでいます。

しかし、これらの学校には公的な財政補助が十分でなく、大学受験資格、通学定期券、保健、高校授業料無償化制度などでそれぞれ異なった取り扱いを受けています。

校舎がない学校もあり、外国人学校で学ぶ子どもたちの「教育を受ける権利」が十分に保障されているとはいえない状況にあります。

多民族・多文化共生社会の構築が求められている現在においても、外国人学校に対する地方自治体の補助金が打ち切られるなどにより、外国人・民族的マイノリティの子どもたちの教育環境が深刻な危機に直面しています。

大阪弁護士会子どもの権利委員会外国人の子どもの人権部会では、近畿圏内にある外国人学校を訪問し、学校関係者と意見交換の持つ機会を重ねてきました。それらの報告も兼ねまして、表記のシンポジウムを企画しましたので、是非ご参加いただけたらと思います。

◆シンポジウム「外国人学校ってどんなとこ?」
  ~すべての子どもたちに学習権の保障を~
◆日時 2013年2月23日(土)午後1時00分~4時30分
◆場所 大阪弁護士会館1001・1002(入場無料)
◆プログラム(仮)
  (1) 講演 田中宏一橋大学名誉教授「外国人学校の歴史と現状」
  (2) 各学校訪問の報告 外国人子ども部会(朝鮮学校、韓国学校、ブラジル人学校など)
  (3) パネルディスカッション
  (4) 当事者からの報告
 

ページの先頭へ戻る