弁護士 中森俊久の部屋

2008年07月

外国人の躍進!

2008/07/01 09:00:00

外国人の演歌歌手ジェロ氏の曲が流行っているという。何だか嬉しい気分である。「演歌である以上日本人が歌うべき」という世論が一切聞こえてこない雰囲気が良い。大相撲にしても、今では外国人力士抜きには語れないほど、彼らが主要なポジションを占めている。日本人は島国なので、外国人に対してどうしても一線を引いてしまう所があるかもしれない。しかし、来日し定住する外国人の数は今後も増えるであろうし、労働、教育等、様々なところで現時点的な問題が起きている。先日、大手企業の工場に勤める外国人労働者の聞き取りに行った際、「大きなショッピングセンターに行くと、外国人だからという理由だけで(万引き監視のため)後をつけられる」との話が出た。まずは、この偏見・差別を解消していく必要があると改めて強く感じた次第である。 

ページの先頭へ戻る