弁護士 森野 俊彦の部屋

沖縄の憲法9条の碑を訪ねて

2018/08/22 15:15:42

 今年5月、ある旅行社が主催する「沖縄9条の碑を巡る旅」に参加した。那覇から2時間半バスを飛ばして、大宜味村にある、9条の碑の前に到着した。同村の「憲法9条の会」は17年2月碑の建立を決定して村長に要請し、前向き検討の返答を得たものの、その後やや足取りが鈍った。ところが、同年5月の安倍首相の「憲法9条に自衛隊の存在を書き込む」旨の発言が、碑建立の実現をめざす者らの闘志をかき立てた結果、同年12月26日完成した。
 碑の表面は当然ながら憲法9条の条文が掲げられているが、裏面には、次のような設立趣旨が刻まれている。
 〈私たち大宜味村民はこれまで、戦争につながる一切を認めず、平和な国際社会を築くことに誇りをもち暮らしてきた。「国民主権」「平和主義」「基本的人権の尊重」を語った日本国憲法は、私たち大宜味村民が平和で文化の香り高い豊かな村作りに取り組む基本である。「命どぅち宝」を再確認、不戦への誓いを新たに、未来ある子孫への贈り物として、ここに日本国憲法第九条の碑を建立する。〉
 格調高い文章に、余計な解説は不要だろう。現代表者(女性)から建立の経緯が述べられたが、そのあと、旅行者側の求めに応じて話されたのは、戦時中に米潜水艦に撃沈された疎開船「対馬丸」の生き残りで海を6日間漂った平良啓子さんだ。いたいけな児童が力尽きて鮫が泳ぐ海の藻屑になっていく有様を、淡々と、しかししっかりとした語り口で話されたが、とても涙なしでは聞くことができなかった。
 それにしても、日本国民は、いつまで米軍基地のほとんどを沖縄県民に押しつけたまま平然としているのだろうか。9条の碑を泣くにまかせていけない。残された時間は多くはないけれども、平和のために何かをなさなければならないと考えさせられた旅であった。

ページの先頭へ戻る