弁護士 森野 俊彦の部屋

乗れなかった特急サロベツ

2017/01/01 00:00:13

熱狂的な「鉄チャン」ではないけれども、ローカル線に限らず普段乗らないJRに乗るのは大好きだ。この夏、旭川弁護士会から招待を受けて同市を訪れる機会に恵まれたので、前日に空路稚内に赴き、翌日、宗谷本線のサロベツ号で旭川に行く予定を立てた。8月19日稚内到着後、宗谷岬などに立ち、夜は利尻、礼文を臨む日本最北の稚内市内の温泉の銭湯に浸かって大満足。翌日午前中もノシャップ岬にまわるなどしてのんきに行程を楽しんだあと、どこかで時間つぶしをするかなと稚内駅に立ち寄った途端、特急サロベツ運休の張り紙を見てびっくり仰天。その日旭川までいく電車はなく、パスはもともと運行されていないという。幹事役の弁護士に連絡を入れると、できれば当夜の懇親会に出席されたし、ただし、交通手段はタクシーしかないとのこと。是非もなく駅前に駐まっていたタクシーの運転手と交渉したところ、会社と相談され、それなりの料金で出発OKとなった。途中2回の休憩をとって4時間半、距離にして約250キロの長丁場となったが、車窓から見る景色は大好きなドイツを思わせ、なかなか楽しかった。唯一の心残りは目当ての特急サロベツに乗れなかったことだ。遠からず廃線も噂されているとなると、余計に乗りたい気持ちが募るが、当方の気力体力が続くか、そちらの方が心配だ。

ページの先頭へ戻る