弁護士 上出恭子の部屋

傘寿

2016/08/15 00:00:06

母が、この度、傘寿(80歳)を迎えました。長寿社会日本、特に女性では、さして珍しいことではないものの、今も元気に自立して暮らす中で迎えられたことはめでたいだけでなく、とてもとても有り難いことだと思っています。
3年前に喜寿の祝いをした折には、その翌日に父が亡くなるというハプニング?もありましたが、今回は、そのようなこともなく、母を連れて東京に住む兄一家のところに行って、孫達にも囲まれお祝いをしてもらいました。
思うように体が頭が動かないと辛そうにすることもありますが、これまで精一杯行生きてきたのだから、これからはボチボチと元気に健康に過ごしてもらえればと願うばかりです。

ページの先頭へ戻る