弁護士 上出恭子の部屋

2014年01月

今年もよろしくお願いします

2014/01/10 11:52:24

   ご挨拶が大変、遅れてましたが、今年もよろしくお願いします。
 明けました2014年もあと数日で2月となります。
 2月といえば、節分、実家が炒り豆の製造業を営んでいた私にとっては思い出深い行事です。

 節分の豆まきは、季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、その邪気を追い払う儀式として、文武天皇の慶雲3年(706)に宮中で初めて行われたのだそうです。

 なぜ「豆」をまくのか、というと、昔から穀物や果実には「邪気を払う霊力」があるとされていたので、当初は豆だけではなくお米や麦などもまいていたのだとか。
  「豆」をまくようになったことについては、収穫量が多かったことや投げやすかったからなど諸説はありますが、現代では「豆」を邪気(鬼)を払うために撒くようになったようです。

 一般的に豆まきに使う豆は炒った大豆。火で炒り、邪気を払った豆は『福豆』と呼ばれ、福を年の数だけ身体に取り入れることで次の年も健康で幸せに過ごせるよう願います。

 皆様も、節分には豆まきをして邪気を払っていただき、健康で穏やかな1年をお過ごし下さい。
 

「ちゃりんこ放浪記?」

2014/01/09 16:46:03

阿倍野筋から谷町筋を少し入り、一心寺さんの前を通って、松屋町筋へ。通称「バイクや通り」を北上すると、次第にお寺さんの通りとなります。左折して長堀通に入って、両脇の葉っぱがワシワシついた街路樹(調べるとユリノキだそうです)がかなり紅葉の進んだ堺筋を経て、目的地、中之島中央公会堂前のカフェへ。11月初めに、シマノの六段変速がついたちょっと走りそうな自転車(といっても、カゴ付・泥よけ付なので、本格的なサイクリング車ではありません)を買って、初めて行ったチビ遠征のルートです。

少し遅めのランチをガッツリ食べて、帰りは、大川に沿って行けるところまで東へ向かい、天満橋から上町筋を南下、途中、大阪城の回りを少し回って、自宅まで戻ってきました。片道、約10㎞。大川の桜並木が赤く色づき、大阪城の回りも黄色、赤と多彩な色合いで、短かった昨年の秋をほんの少しばかり味わい、ちょっとした小旅行のようでした。次の目標は、大学時代の友人のいる武庫川近辺まで、「ちゃりんこ放浪記」続行予定です!

ページの先頭へ戻る