弁護士 蒲田豊彦の部屋

自動車任意保険の弁護士特約

2014/01/10 13:24:12

  交通事故、とりわけ人身事故となると、怪我の程度にもよりますが、その賠償額は高額になります。
 交通事故について被害者でも加害者でも、弁護士に依頼するときは民事着手金や、成功報酬金および、裁判を行うときは印紙・切手代を負担しなければなりません。
 これらについて、自動車の任意保険に加入する場合、付帯的に弁護士費用の特約保険に加入しておくと、弁護士費用(着手金や報酬金)を保険で支払ってくれます。訴訟する場合には、印紙代や郵券代といった実費の部分も、被害者の場合でも加害者の場合でも、保険で支払ってくれます。保障限度額は通常300万円です。
 しかも、約款にもよりますが、通常、加入している本人が交通事故にあったり起こしたりした場合だけでなく、一定の関係者が交通事故にあった場合でもこの保険を利用できます(例えば、父がその車に任意保険とともに弁護士保険を付けていれば、その妻や子などが他所で歩行していて事故にあったり、自転車に乗っていて事故にあうといった交通事故でも利用できます)。
 300万円を超える場合は、弁護士費用の一部を自分で負担しなければなりませんが、300万円までは弁護士費用などを支払ってくれますので、大いに助かります。
 通常、加害者から損害賠償金を支払ってもらうとき、その損害金の中から弁護士費用などを負担することになりますが、弁護士特約保険からそれらが支払われる場合は、当然のことながら、加害者から受け取る損害賠償金全額自分に確保することができます。
 弁護士特約の掛金は数千円ですので、もしものときのために、弁護士特約保険も契約されることをお勧めします。
 

二上山(にじょうざん)

2014/01/09 16:45:14

阿部野橋駅を出て近鉄南大阪線の古市の駅を過ぎてしばらくすると、右手の方に二つの山が見えてくる。

二上山である。

雄岳(517メートル)と、雌岳(474メートル)で二つ仲良く並んでいる。

飛鳥人が聖山と崇めた山で、大阪と奈良を分ける美しい稜線を持った山である。山の姿は奈良市内からも飛鳥からも眺められる。

登山口は南大阪線の二上山駅を起点とするコースと當麻(たいま)(でら)駅から登るコースの二つがある(ただし、近鉄南大阪線の側からのコース)。

春夏秋冬を通じていつ登っても楽しい山である。

二上山駅を起点とするコースは急登の部分もあるが、比較的ゆったりとして距離も短く、2時間から2時間半もあれば雄岳に到着する。

雄岳の頂上付近には大津皇子の墓がある。大津皇子は帝位へむけて草壁皇子の競争相手と目され、草壁皇子を帝位につけたい持統天皇により謀反(むほん)の罪で磐余(いわれ)の地で処刑される。

万葉集に

大津皇子の(かばね)を葛城の二上山に(磐余の訳語(おき)()から)移し、(はぶ)る時に大伯(おおくの)皇女(ひめみこ)(大津皇子の同母姉)の哀傷して作らす歌

うつそみの人なる(あれ)

明日よりは二上山を(いろせ)()

見む

とある(万葉集2巻165)。

雄岳から雌岳へは鞍部(あんぶ)の広場を行く。雌岳にも広場があり、冬期には山茶花の並木があり、紅葉もあり、眺望もいい。

雄岳と雌岳の間を下ると當麻寺がある。

當麻寺は真言・浄土兼宗の寺で、白鳳時代(7世紀後半から8世紀初頭)の當麻氏の創建であり、東塔と西塔の五重塔が現存する。弥勒仏座像など白鳳仏がまつられている。

中将姫伝説があり、藤原南家の中将姫が當麻寺にたどりつき、一夜にして蓮の糸で織りあげた當麻曼荼羅(まんだら)があり、これが當麻寺の本尊となっている(かつては弥勒仏が本尊であった)。

春分の日や秋分の日には太陽が雄岳と雌岳の間に沈み、神々しい風景が見られる。折口(おりぐち)信夫(しのぶ)はこの中将姫伝説と大津皇子と雄岳と雌岳の間に沈む太陽を題材に「死者の書」を書いている。古人の登場も多く、難しい小説であるが、一読に値する。

このように二上山は低い山ではあるが登って楽しい山である。

 

署名をお願いします

2013/11/11 13:05:41

 マスコミ報道などでご存じのとおり、現在開かれている臨時国会(会期12月6日まで)で、私たちの念願の過労死防止基本法の制定が実現する可能性が広がっています。この2週間(11月11日(月)~22日(金))が山場です。
 そして、11月19日(火)午後1時30分より、この2年間の私たちの取り組
みの集大成、またクライマックスというべき第8回院内集会を開催し、集まった署名を国会に提出する予定です。
 そこで、皆さんにお願いです。この2週間、最後の署名拡大にご協力下さい。
 そして、集まった署名を、11月15日(金)までに、当事務所までお届け下さい。せっかく集まった署名が埋もれたままにならないよう、何とぞご協力をお願いします。 
  
  
 

そして、11月19日(火)午後1時30分より、この2年間の私たちの取り組
みの集大成、またクライマックスというべき第8回院内集会を開催し、集まった
署名を国会に提出する予定です。 
そして、11月19日(火)午後1時30分より、この2年間の私たちの取り組
みの集大成、またクライマックスというべき第8回院内集会を開催し、集まった
署名を国会に提出する予定です。 そして、11月19日(火)午後1時30分より、この2年間の私たちの取り組
みの集大成、またクライマックスというべき第8回院内集会を開催し、集まった
署名を国会に提出する予定です。  

9条世界会議関西2013

2013/10/03 10:35:37

 紛争の平和的解決や侵略戦争の禁止、核兵器など大量破壊兵器の禁止、外国軍隊の禁止など平和条項をもつ憲法は、世界的には増えてきています。
 そのなかでも、先頭を走っているのが日本国憲法9条です。この9条にはどのような意義があるのか、もういちど再確認しましょうという趣旨で2008年に続いて、9条世界会議関西2013が次の日程で開催されます。
 1万人規模を目指すビックイベントで、12か国から24名の方々も来阪される予定です。
 改憲が叫ばれている今、いまいちど、日本国憲法第9条の重要性を再認識する重要な機会だと思います。ぜひご参加下さい。

  ■日時  2013(平成25)年10月13日、14日
  ■場所  ① 10月13日 午前10時~
         関西大学千里山キャンパス第1学舎 
         阪急千里線 関大前下車
       ② 10月14日 午前10時~
         大阪市立中央体育館
         地下鉄中央線朝潮橋駅下車すぐ
  ■参加費 10月13日 1,000円(学生無料)
       10月14日 一般 1,000円 大学・専門学校生 500円
       高校生以下、介助者 無料

 URL http://9jou-kansai.com/ 

野間の大けやきと青葉木莬

2013/09/06 08:18:13

大阪の北部の能勢町に野間の大けやきがある。

昭和23年に国の天然記念物に指定された。

樹齢1000年以上、幹周り14メートル、高さ27メートル、枝張りは39メートルである(写真)。

見上げると天を突くがごとくであり、樹には神がやどるというが、ほんとうにそのように思う。

この大けやきに毎年6月になると、南(マレーシアあたり?)から青葉木莬がやってくる。

青葉木莬はハトぐらいの大きさで、フクロウの一種で猛禽類の仲間である。夜になると、「ホーホー」と鳴いて活動をはじめ、カエル、イモリ、昆虫、ときにはコウモリも捕食するのだそうだ。

大けやきの穴に巣を作り、そこで3、4羽の子を育てる。雌が巣の中にいて子を育て、雄は昼は巣のそばの枝に止まって巣を守る。雄は枝に止まり居眠りをしているときもあるし、特徴のある目で炯炯とあたりを見まわしているときもある。そして夜(午後7時ごろ)になると、大けやきを飛び立ち、カエルなどを捕まえ、子育てをしている雌に運んでやるのである。

子育ては6月中旬の抱卵のときから7月末ごろまでと訊く。

巣穴から出てきて、両親にはさまれて3羽から4羽の雛鳥が枝に止まっている様子は実にかわいらしい。

青葉木莬は人に馴れており、大勢の見物人がいても、驚いたり逃げたりしない。人間に信頼関係を抱いているのかもしれない。

巣 の 傍 の 枝 を 離 れ ぬ 青 葉 木 莬  豊彦

DV防止法の改正

2013/07/10 15:03:10

DV防止法(配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律)がこのたび改正され、平成26年1月頃施行されます。

改正点は、次の2点です。

1.同居中またはかつて同居していた交際相手も規制の対象になります。

 これまでの規制の対象は、事実婚の人や離婚後も含めた配偶者からの暴力でしたが、規制の対象が広がりました。ですから、例えば同棲中や同棲していた人も保護されることになりました。

2.行為について、嫌がる相手に繰り返し電子メールを送信する行為も新しく規制の対象となりました。

 従前の規制の対象は、待ち伏せや無言・連続電話、ファックス送信などで、電子メールは規制の対象外でした。

 被害者の申立てにより、裁判所は被害者から事情を聴いて、必要に応じて保護命令を出します。加害者が保護命令に違反すれば、刑事罰の対象になります(1年以下の懲役又は100万円以下の罰金)。

 保護命令には、次の5つがあります。

  • 被害者への接近禁止命令
  • 被害者への電話等の禁止命令
  • 被害者の子への接近禁止命令
  • 被害者の親族等への接近禁止命令
  • 退去命令(住居からの退去・住居付近をうろつかない)

 

富士山世界遺産登録へ

2013/05/10 14:45:18

  このたび、富士山が世界文化遺産に登録されることになるとのことである。ユネスコの諮問機関イコモス(国際記念物遺跡会議)が登録を勧告し、6月に開かれる世界遺産委員会で正式に決定されるとのことである。富士山が登録されれば、国内の世界文化遺産では平成24年に登録された「平泉」に続いて13件目となる。
 富士山は、日本の象徴であり、世界に誇るべき美しい山である。
 富士山は、山頂の信仰遺跡群や富士五湖などを含む25件を「構成資産」として世界文化遺産に登録される。
 地元は、当初、世界自然遺産への登録を目指したが、ゴミの不法投棄による環境悪化や開発により本来の自然が保たれていないとして登録されず、平成19年、文化遺産登録を目指し、今回、登録される見通しとなったものである。
 富士山は古来、信仰の対象となっており、日本人の精神性を形作ってきたとともに、海外にも影響を与えた浮世絵の題材にもなり、その文化的価値や日本の象徴としての意義が評価された。
 筆者も富士山はいつも心の中に描く山であり、何か誇らしく感じる山である。東京などに出張するときは、新幹線の富士山の見える側の座席をとったり、今日は晴れていて富士山が見えるようにと願ったりする。
 また、富士山は遠くからも見ることができ、天気のよいときは、大台ヶ原からも見ることができる。
 一方、世界文化遺産となり、周辺開発が拡大されたり、来訪者数が増加して「神聖な山岳」が破壊されたり、環境の悪化が心配である。イコモスも平成26年までに保全状況の報告書をユネスコに提出することを求めている。
 私たちは、富士山を大切にし、しっかりと守っていきたいものである。
 

労働運動の再生と復権を目指して

2013/04/10 16:11:32

  「低い賃金がまた下げられる」「毎日残業、有休なんてたまる一方」……一人一人の力ではどうしようもない、そういうときこそ労働組合の出番です。ところが、労働組合の姿がほとんど目に映りません。昔のあの元気な労働運動はどこにいったのでしょう?
 本当は労働者の権利は労働法で守られているはず。そして、日本には立派な労働法がある。でも、どうしてここまで貧困がはびこり、格差が蔓延しているのでしょう?労働法は「絵に描いた餅」なのでしょうか?
 労働者の権利がないがしろにされているとき、そして労働組合運動が沈滞していると言われている昨今、労働運動の再生と復権を目指そう、という期待から、この企画が実現しました。
 パネリストは、経済学の立場から「労働」に長年関わってこられた「熊沢誠」さん、多くの労働者が頼りにしてきた労働法の研究者の「西谷敏」さん、そして労働者の味方として労働裁判の第一線で活躍されている弁護士の「豊川義明」さんの3名の専門家を囲んで、労働組合、そして労働運動について語り合う機会を設けました。
 ぜひご参加ください。
  なお、この企画は、民主法律協会・大阪労働者弁護団の共催です。 

 ★日時 平成25年5月30日(木)午後6時開場、午後6時15分開始
 ★場所 エル・おおさか 南館5階ホール
       大阪市中央区北浜3-14 大阪市営地下鉄谷町線・京阪電鉄「天満橋」駅から西へ300m
 ★参加費 資料代500円
 ★連絡先
     ・ 民主法律協会 TEL:06-6361-8624
     ・ 大阪労働者弁護団 TEL:06-6364-8620

 

表彰

2013/03/11 10:51:18

綾小路きみまろさんの「あれから40年」ではないが、私が弁護士になって今年で満40年である。

 新年早々、私は同期の弁護士たちと一緒に弁護士40年の表彰を受ける。そのときにいただくお祝いの記念の盾には次のように書かれている。

 「あなたは40年の長い歳月にわたって法曹として活躍され、その間、人権の擁護と社会正義の実現という弁護士の使命を自覚してその職責を果たされました。云々 大阪弁護士会」

 確かに弁護士の仕事は、抽象的には「人権の擁護と社会正義の実現」であると思うし、そのために40年間がんばってきたと思う。

 しかし、具体的に弁護士の使命と言うか、仕事は人権の擁護と社会正義の実現というまれいな言葉だけではいいきれない責任の重い仕事だと思う。

 私たちは依頼者の方々の「事件」について権利の実現を目指してがんばるのだが、これがなかなか難しい。依頼者の要求は複雑で、時には人生や大きな悩みにも関わる事件を担当させていただくのである。事件に「勝つ」ときばかりではない。私は事件に取り組むとき、依頼者の方々に「納得」していただく解決を目指して担当させてもらっている。

 私は法的知識や能力だけでなく、私の全的なものをかけて仕事をしている。

 私は健康に恵まれ、職場の仲間に恵まれ、よき依頼者の方々に出合い、弁護士の仕事をすることができた。

 私はいま71歳であるが、まだまだ弁護士の仕事をしていきたい。真摯で誠実な弁護士(自分でいうのは面はゆいが)としてがんばっていきたい。

 今後ともよろしくお願いいたします。 

家事事件手続法の施行について

2013/01/10 15:06:48

1 平成25年1月1日から、新しい「家事事件手続法」が施行された。

  従前の「家事審判法」を全面的に見直し、手続の基本に関する規定を整備するほか、当事者の手続保障を図るための制度の充実、手続を利用しやすくするための制度の創設、見直しなどを盛り込んでいる。

2 (1)手続の基本に関する規定の整備

  ① 管轄(どこの裁判所で事件を審理するか)として、土地管轄を法律で明記し(それまでは規則)、管轄違いを理由に移送の申立権を付与。

  ② 代理について、法定代理人(父母など)と手続代理人(弁護士など)の代理権の範囲を明確化。当事者の手続追行能力を補完するために裁判所が職権で弁護士を代理人に選任することができるようになった。

  ③ 不服申立てについては、抗告審(主には高等裁判所)で当事者に反論の機会を保障し、即時抗告、特別抗告、許可抗告、再審手続規定の整備。

  (2)電話会議、テレビ会議を利用できるシステムの導入

   例えば、「当事者が遠隔の地に居住する場合」や、裁判所が「相当と認めるとき」は電話会議を利用することができるようになった。

   また、高等裁判所でも審判、判決だけでなく、調停を行うことができるようになった。

  (3)裁判の結果に利害関係を有する者が家事審判や家事調停の手続に参加できるようになった。

   また、記録の閲覧などにもプライバシー等に配慮する例外があるが、原則として閲覧できるようになった。

 家事問題(離婚や遺産分割など)に関し、どんどん裁判所を利用して解決されたらよいと思っている。 

ページの先頭へ戻る