弁護士 蒲田豊彦の部屋

2012年05月

雲南で失った携帯電話

2012/05/18 10:47:57

みなさまはゴールデンウィークをいかがお過ごしになりましたか。

 私は4月28日から5月5日まで、上海経由で雲南省の麗江やジャングリラを訪ねました。

美しい山河をめぐり、15もの少数民族が住む地を訪れることができて大変よかったです。

私は旅行中の5月1日、麗江で携帯電話を失いました。大いに困惑し、急いで日本の妻に携帯電話の通話を停止してもらうよう頼みました。

ところが、5月3日、妻から旅の仲間に電話があり、私の携帯電話が見つかり(麗江の喫茶店に忘れていたらしい)、日本人に預けられ、日本の私宅に送ってきてくれるというのです(妻がその日本人から連絡があり、その人に住所を告げたようです)。

私はすっかり諦めていましたが、中国の南から日本の私宅へ携帯電話が届くということで嬉しくなり、旅の仲間にもそう報告しました。

仲間は「美しい話だ。すごくラッキーなことだ。最果ての雲南から日本に届くなんて」と喜んでくれました。

私は人の親切を思い、まだまだ世の中、捨てたものではないと大いに感動したのでした。 

ページの先頭へ戻る