事務所ニュース「いずみ」
HOME > 事務所ニュースいずみ > 法律相談Q&A > 自筆遺言の方式が 緩和されました 身近な民法改正 その1

法律相談Q&A

自筆遺言の方式が 緩和されました 身近な民法改正 その1

 遺言に関する民法が改正されたと聞きました。どのように変わったのでしょうか。

 平成30年7月6日、民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律(平成30年法律 第72号)が成立しました(同年7月13日 公布)。 民法のうち相続法の分野については、昭和55年以来、実質的に大きな見直しはされてきませんでしたが、その間、社会の高齢化が更に進展し、このような社会実情に応 じた改正の必要性が指摘をされていました。今回は、自筆証書遺言の方式の緩和についてご紹介をします。これまでは、自筆遺言書については、全文全てを自書(自分で手書きでかくこと)が必要でした。これに対し、改正をされた民法968条2項では現行の自筆証書遺言の方式を緩和し、自筆証書遺言に添付する財産目録については自書でなくてもよいものとして、財産目録の各頁に署名押印することを要するとされました。パソコンで作成をした目録や通帳のコピーを添付したものの各頁に署名押印をすることで足りることになります。この改正は、今年平成31年1月13日から施行されますので、遺言書作成をお考えの方は、早速、ご活用下さい。また、当事務所では遺言書作成のご相談も行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

弁護士 上出 恭子

あべの総合法律事務所ニュース いずみ第45号(2019/1/1発行)より転載

ページの先頭へ戻る