事務所ニュース「いずみ」

法律相談Q&A

保証債務の相続

母が数年前に亡くなったのですが、ここ最近になって近所の人の賃貸借契約の保証人になっていたようで、その人が家賃を払わずに出て行ったので不払いの家賃の請求が私のところに来ました。私は、その支払いをしなければならないのでしょうか

賃貸借契約では今でも、保証人を立てるよう要請されることが多いかと思います。
そして、保証人の責任も原則、相続の対象となります。そのため、今回のような場合に、お母様が保証人として契約書にサインをしていれば、相続人においてその責任を引き継ぐことになり、家賃の支払いをしなければなりません。
但し、お母さんが亡くなられた時に財産がないなど財産を引き継いでなければ、請求を受けた時から3か月以内であれば相続放棄をすることにより保証人の責任を免れることが可能な場合があります。
そこで、こういった請求を受けた場合には一度、法律相談をしていただいたら、と思います。

弁護士 上出 恭子

あべの総合法律事務所ニュース いずみ40号より転載

ページの先頭へ戻る