事務所ニュース「いずみ」
HOME > 事務所ニュースいずみ > 法律相談Q&A > キラキラネームを変更することが出来る?

法律相談Q&A

キラキラネームを変更することが出来る?

いわゆる「キラキラネーム」、インターネットで検索をしたところ、こんな名前が。  ①希星 ②姫星 ③七音 ――みなさん読めますか? 答え、①「きらら」②「きてぃ」③「どれみ」だそうです。 ③などは、なるほどという気はするものの、子どもが大人になって名前を変えたいときに変更できるのでしょうか。

戸籍法107条2項は、「正当の事由」があれば、家庭裁判所に「名の変更許可」の申立てを行い、許可審判を受けて戸籍上の名前を変更することができるとなっています。

「正当の事由」とは、たとえば、(1)営業上の目的で襲名を行うとき、(2)同姓同名者があって社会生活上著しく支障あるとき、(3)珍奇・難解・難読で社会生活上著しく支障があるとき、(4)日本に帰化した者が日本風に名前を改める必要があるとき、(5)いわゆる永年使用(長期間にわたり通称名を使用している場合)などとと言われています。

 キラキラネームの場合は、このうちの「(3)珍奇・難解・難読で社会生活上著しく支障があるとき」にあたるかどうかが問題となりますが、単に自分の名前がキラキラネームに該当するとか、自分の名前が嫌だという理由で改名が認められるというわけではありません。その名前の使用を続けることによって、社会生活上の著しい支障が生じるかどうかが個別具体的に判断されることになります。  

実際、キラキラネームと呼ばれるものの多くは、通常の場合よりも『珍奇や難解な名前』であることが多いと思われます。少なくとも、極端な当て字や不適当な字の組み合わせ、字の組み合わせからはおよそ読みを推測出来ないような名前であれば、改名できる可能性が高いと考えます。

弁護士 上出恭子

あべの総合法律事務所ニュース いずみ第36号(2014/8/1発行)より転載

ページの先頭へ戻る