事務所ニュース「いずみ」
HOME > 事務所ニュースいずみ > 法律相談Q&A > 交通事故の損害賠償金

法律相談Q&A

交通事故の損害賠償金

娘が交通事故に遭い怪我をしました。加害者の加入している保険会社から連絡があり、示談金の提示をしてきたのですが、サインしてよいのでしょうか。示談金の相場がよくわからず困っています。

 交通事故で怪我をした場合、一般的には、治療関係費、入通院慰謝料及び休業損害、さらに後遺障害が残存した場合には、後遺障害慰謝料及び後遺障害逸失利益といった損害の賠償を請求できます。これらの損害の算定基準として、(1)自賠責保険基準、(2)任意保険基準、(3)裁判基準の3通りの基準があり、どの基準で計算するかによって、損害額は大きく異なってきます。
 (1)の自賠責保険の基準は、迅速・公平に被害者に最低限度の補償を行うためのもので、一番低額なものです。(3)の裁判基準は、裁判において基準とされる金額を算定するものであり、一番高額なものです。そして、任意保険会社が示談金として最初に提示してくる損害額は、(1)と(3)の中間、あるいは、ほとんど(1)の最低額と異ならない金額であることがほとんどと言えます。
 そのため、任意保険会社から示談金の提示を受けた場合であっても、提示された金額でそのまま示談する必要はありません。(3)の基準で算定した金額またはそれに近い金額の支払いを受けられる可能性がありますし、弁護士が介入して交渉するだけで任意保険会社の提示額が上がることも多いため、一度弁護士にご相談いただくことが得策でしょう。当事務所の弁護士は交通事故の処理経験も豊富ですし、私自身も、過去に任意保険会社側の顧問弁護士事務所に所属していた経歴を生かし、任意保険会社側の行動予測を踏まえたアドバイスをいたします。お気軽にご相談ください。
 なお、交通事故による怪我により後遺障害が残存した場合には、後遺障害等級が何級と認定されるかも重要な問題です。この点についても、弁護士に早期に相談されることで、認定される等級が変化し、損害賠償額が大きく増額することがあります。大切な娘さんの将来にとって、適切な治療や賠償を受けることができるかは大問題ですから、早期にご相談されることをお勧めいたします。

弁護士 瓦井剛司

あべの総合法律事務所ニュース いずみ第28号(2010/8/1発行)より転載

ページの先頭へ戻る