事務所ニュース「いずみ」
HOME > 事務所ニュースいずみ > 法律相談Q&A > (生命保険の)死亡保険金は相続財産となるのか

法律相談Q&A

(生命保険の)死亡保険金は相続財産となるのか

父親が死亡し、相続人は息子である私と兄の二人だけで他にはいません。兄は亡父が掛けていた一億円の生命保険の受取人となっていて、既に死亡保険金一億円を受け取っています。生命保険金請求権も当然遺産分割の対象となり、兄は弟の私に半分の五千万円を渡さなければならないと思うのですが、いかがでしょうか。

 話し合いの上、お兄さんが弟さんのことを慮って任意に渡してくれれば別ですが、残念ながら、法律上、弟さんはお兄さんから死亡保険金の半分の五千万円を渡してもらえません。
 生命保険金請求権は、相続開始時に被相続人(この場合でいえばお父さん)に帰属していた財産ではなく、いきなり受取人に帰属すると考えられているため、遺産分割の対象となる相続財産ではないのです。
 本件の場合、お兄さんが一億円を独り占めする結果となるのは不公平な感じがするかもしれませんが、やむを得ないところなのです。
 ただし、近時の最高裁で「保険金受取人である相続人とその他の共同相続人との間に生ずる不公平が民法九〇三条の趣旨に照らし到底是認することができないほどに著しいものであると評価すべき特段の事情がある場合には、同条の類推適用により、当該死亡保険金請求権は特別受益に準じて持戻しの対象となる」すなわち遺産分割において考慮されるという判断がなされました(最高裁平成一六年一〇月二九日決定)。
 そして、上記特段の事情の有無については、保険金の額、この額の遺産の総額に対する比率のほか、同居の有無、被相続人の介護等に対する貢献の度合いなどの保険金受取人である相続人及び他の共同相続人と被相続人との関係、各相続人の生活実態等の諸般の事情を総合考慮して判断すべきであるとされています。
 したがって、本件においても、死亡保険金についてはあきらめなければなりませんが、他に相続財産があれば、お兄さんが保険金を得た事情を考慮して遺産分割がなされる余地はあることになります。

弁護士 中森俊久

あべの総合法律事務所ニュース いずみ第23号(2008/1/1発行)より転載

ページの先頭へ戻る