事務所ニュース「いずみ」
HOME > 事務所ニュースいずみ > 法律相談Q&A > 離婚した場合の氏はどうなるか

法律相談Q&A

離婚した場合の氏はどうなるか

夫と離婚することになりました。離婚後も、私は今の氏を使いたいのですが、どうすればいいのでしょうか。しばらくしてから婚姻前の氏に戻すことはできますか。また、子どもの氏はどうなりますか。

 結婚するときに夫の氏に変わった妻は、離婚によって婚姻前の氏に戻るのが原則です(夫が妻の氏に変わった場合も同様です)。ただし、離婚の日から3ヶ月以内に届け出れば、婚姻中に使っていた氏を使い続けることができますので、婚姻中に使っていた氏を使い続けたい場合は届出をしましょう(以上民法767 条)。また、婚姻中の氏を使用する届出をした場合でも、後に婚姻前の氏に戻したい場合には、家庭裁判所の許可を得ての変更が認められることもあります(戸籍法107条1項)。
 次に子どもの氏ですが、親が離婚して一方の氏が変わっても、子どもの氏は変わりません。親権者となる親の氏に変わると思っておられる方もおられますが、そうではありません。ですので、例えば親権者となる妻が婚姻前の氏に戻る場合には、子どもの氏の変更手続をしないと、親権者となる妻の氏と子の氏が異なってしまうことになります。子どもの氏を変更するには、家庭裁判所の許可を得て届出をすることが必要です。子が15歳未満の場合には、その子の法定代理人(親権者)が代わって氏の変更手続をすることができます(以上民法791条)。

弁護士 佐藤真奈美

あべの総合法律事務所ニュース いずみ第19号(2006/1/1発行)より転載

ページの先頭へ戻る