事務所ニュース「いずみ」
HOME > 事務所ニュースいずみ > 法律相談Q&A > 建物退去についての対応

法律相談Q&A

建物退去についての対応

私はAさんの二階建建物の一階部分を賃借し、Bさんが二階部分を賃借しています。 この建物はAさんが賃借している土地の上に建っています。
 Aさんは地主さんから、建物収去土地明渡の訴訟をされ、Aさんが敗訴し、その判決が最高裁まで行って確定しました。地主さんはAさんに対し、建物収去土地明渡の強制執行をしてきました。建物が壊され収去されると私は住めなくなります。どうしたらよいでしょうか。

 あなたは地主さんに対して、Aさんへの建物収去土地明渡の強制執行に対し、独立した占有者と考えられ、したがって第三者として異議申立の訴訟を提起し、それと同時に右の強制執行の停止の申立をして、裁判所から執行停止の決定を得て、住み続けることができると思います。
 地主さんは、本来ならば、あなたやBさんに対しても建物退去土地明渡の訴訟を提起し、勝訴判決を得なければならないのに、それをしなかったため、あなたやBさんに対し、直接建物退去の強制執行ができないのです。
 したがって、Aさんに対する強制執行の結果、あなたが住めなくなるときは、地主さんのあなたに対する明渡の判決がないことを理由に前述したように第三者異議の裁判とそれに伴う執行停止の決定を得て、明渡をされないようにすればよいでしょう。

弁護士 蒲田豊彦

あべの総合法律事務所ニュース いずみ第14号(2003/1/1発行)より転載

ページの先頭へ戻る