事務所ニュース「いずみ」

法律相談Q&A

刑事告訴について

私は知り合いのAからちょっと友人に見せるだけで明日には返すからといわれその言葉を信用して300万円の約束手形一通に署名押印してAに渡しました。しかし、Aは右手形を返してくれません。私はAから右の手形を受け取ったという人から支払いを請求されています。私は警察に訴え出たのですが告訴状で告訴するようにいわれました。私はどうしたらよいでしょうか。

 あなたはAに騙されて300万円の手形を交付したのですから、Aには詐欺罪が成立します。
 このように犯罪があり、あなたの訴えを訊いた警察や検察(以下「捜査機関」といいます)は捜査の端緒(きっかけ)を得たのですから通常は捜査を開始します。しかし、捜査機関はあなたの告訴の意思や犯罪事実や被害感情といったものを明らかにさせるため、告訴状による告訴をしてほしいという場合があります。
 一般に、犯罪は親告罪と非親告罪に分けられ、多くの犯罪は非親告罪で被害者からの告訴がなくても捜査機関は通報などで犯罪をキャッチすれば犯人の逮捕や被害者からの事情聴取などの捜査を開始します。
 ところが、被害者の名誉や立場を考慮して被害者が告訴をして始めて起訴することができる犯罪があります。名誉毀損罪や強姦罪などは親告罪です。また、犯罪が比較的軽微な器物損壊罪なども親告罪です。告訴は書面でも口頭でもできます。Aの行為は詐欺罪であり非告訴罪です。したがって、捜査機関はあなたが訴え出たことによって犯罪の発生を知ったのですからそれをきっかけに捜査を開始すればよいのですが、先にも述べましたように犯罪事実やあなたの被害感情や告訴の意思などを明確にするため、告訴状で告訴してほしいと言ったのだと思います。犯罪捜査や起訴の権能を独占している捜査機関はもっと被害者の口頭による告訴を受けて捜査を開始すればよいと思うのですが右のようなケースは結構多いのです。
 あなたは弁護士と相談されて、Aを詐欺罪で告訴する旨の告訴状を作成し、捜査機関に告訴されたらよいと思います。なお、告訴によく似ていますが、告発は犯罪があると思った被害者以外の人が捜査機関に告発することをいいます。告発も告訴と殆ど同じです。

弁護士 蒲田豊彦

あべの総合法律事務所ニュース いずみ第9号(1999/3/23発行)より転載

ページの先頭へ戻る