事務所ニュース「いずみ」
HOME > 事務所ニュースいずみ > 法律相談Q&A > 無戸籍の子を戸籍に入れるためには

法律相談Q&A

無戸籍の子を戸籍に入れるためには

私は離婚し、現在は独身です。私は前夫と別居し、その後正式に離婚しました。私は別居中に別の男性と親しくなり女子を出産しました。しかし、前夫に気兼ねしてその子の出産届を出しませんでした。子供は現在13歳ですが、何とか私の戸籍に入れてやりたいのですがどうすればよいのでしょうか。

 珍しいケースですね。別居していても戸籍上夫婦ですから、その間に生まれた子は夫婦の子として戸籍に載せる方法しかなく、あなたが夫に気兼ねされたり、困惑されたことはよくわかります。
 このような場合はまずあなたが子供の法定代理人となって(したがって、子供が原告)前夫を被告として親子関係不存在確認の訴えを地方裁判所に提起します。立証は出産に立ち会った医師や助産婦の出産証明書やあなたの証言で行えばよいでしょう。このようにして親子関係不存在の裁判で勝訴したあと、今度はあなたの氏と子供の氏を同姓にする必要がありますから、家庭裁判所に子の氏の変更の申立てをします。家庭裁判所で子の氏の変更の審判を下してもらったら、先の親子関係不存在確認の判決書と右の審判書をあなたの戸籍のある役所(区役所)に提出します。そうすればお子さんはあなたの戸籍に入るのです

弁護士 蒲田豊彦

あべの総合法律事務所ニュース いずみ第4号(1996/10/18発行)より転載

ページの先頭へ戻る