事務所ニュース「いずみ」
HOME > 事務所ニュースいずみ > 伊勢物語八十二段

古典をたずねて

伊勢物語八十二段

渚の院

 この段は業平と惟喬親王(以下親王という)との親しい交流の様が描かれている。親王は、文徳天皇(五五代天皇)の皇子であり、その母は静子である。静子は業平の妻の父である紀有常ときょうだいという関係にあり、業平と親王とは日ごろから親しい間柄であった。
 ある日、親王は業平(このときは「右の馬の頭」という地位にあった)と紀有常を伴って山崎(京都府乙訓郡大山崎町あたり)の水無瀬離宮に桜の花を愛で、また、淀川をはさんだ対岸の交野の渚の院で狩(鷹狩り)を楽しみ、酒を酌み交わしながらやまと歌(和歌)を詠み交わしたりした(交野は枚方市あたりにあり、渚の院は貴族の邸宅である。いまでも枚方市に渚という地名があったり、渚の院跡が伝えられている)。
 院の桜の木の下でその枝を折り、それをがざし(かんざし)にさしつつ、みんなで歌を詠んで遊んだ。
 このとき、馬の頭の詠んだ歌(この歌はあまりにも有名である)。
  世の中に絶えて桜のなかりせば
  春の心はのどけからまし
 別の人が詠んだ歌
  散ればこそいとど桜はめでたけれうき世になにか久しかるべき
  (あっさり散るからこそ桜は賞美に値する。このつらい世の中に何が永続きするのであろうか)
 続いて、「天の河」というところに移る(「天の河」は枚方市禁野にあり、狩場として有名、「天の河」も「禁野」という地名も今もある)。親王に馬の頭がお酒をすすめると、親王が「交野に狩りして天の河に到着と題して歌を詠み、杯を交わそう」とおっしゃるので、馬の頭はまた歌を詠んだ。
  狩くらしたなばたつめに宿からむ天の河原にわれは来にけり  (狩をして日を暮らし、今夜は織女にお宿をお願いしよう。天の河に来たんですよ)
 親王に代わって有常が歌を返す。
  ひととせにひとたび来ます君待てば宿かす人もあらじとぞ思  ふ (織女さんは一年に一度の方をお待ちだから、いくら天の河といってもお目当ての人でもなければそうやすやすと宿を貸してくれますまい)
 水無瀬に帰り離宮で夜の更けるまで酒を飲み、親王が寝所に入ろうとする。月が山の端に隠れようとする。
 馬の頭が
  あかなくにまだきも月のかくるるか  
  山の端ににげて入れずもあらなむ
 親王に代わって有常が詠む。
  おしなべて峰もたひらにありななむ山の端なくは月も入らじを
  (突き出ている山の頂がみんな平らになってほしい。山の端がないのならば月も入りますまいから)
 伊勢物語は「歌物語」と言われており、今回も沢山の歌を紹介できた。私の読んでいる古典文学全集には、「水無瀬周辺」の地図も載っているが、紙面が小さくここに掲載できないのが残念である。

あべの総合法律事務所ニュース いずみ第46号(2019/8/1発行)より転載

ページの先頭へ戻る