事務所ニュース「いずみ」
HOME > 事務所ニュースいずみ > アルバイトにも残業代は出ますか?

法律相談Q&A

アルバイトにも残業代は出ますか?

 現在、アルバイトをしています。給与は時給制ですが、正社員の人と変わらない勤務をしています。日によっては、8時間以上働くこともありますが、残業代は支払われないのでしょうか。

 労働基準法では、1日8時間、1週間40時間以上、労働者を労働させてはならないと定めています(労働基準法32条)。仮にそれ以上労働させる場合は36協定を締結している必要があります。使用者は36協定の範囲内で上記を越えて労働をさせることができますが、時間外労働には給与の1.25倍以上を労働者に支払わなければなりません。また、22時から5時にかけて働かせる深夜労働は1.25倍以上、休日労働は1.35倍以上となっています(その他、大企業の場合は月60時間を超える時間外労働については1.5倍以上。)。 ですから、時給1,000円の人を9時から休憩1時間を挟んで18時以降も働かせると、18時以降の労働分は1日8時間を超えた時間外労働として少なくとも時給1,250円となります。さらに、そのまま22時を越えて働かせると、22時以降は1日8時間を超えている(割増率0.25以上)上に深夜労働(割増率0.25以上)となりますので、少なくとも時給1,500円となります。
 これは、正社員であろうが、パート、アルバイトであろうが労働力を提供する者である以上、変わることはありません。
 ですので、アルバイトで時給制であったとしても、所定労働時間以上に働いた場合は、残業代を請求することができます。また、年俸制の場合も残業代が発生し得ます。
 なお、残業代を請求することができるのは、給与の支払日より2年間です。2年を超える部分については、消滅時効にかかり、請求したとしても、支払ってもらえない場合がありますので、注意が必要です。

弁護士 和田香

あべの総合法律事務所ニュース いずみ第43号(2018/1/1)より転載

ページの先頭へ戻る